共感を求めたり、名前で呼ぶ

出会い系サイトを利用する際にどうしても重視しなければならないのが、「ファーストメール送信後に、返信をもらうこと」でしょう。逆に、これがクリアできてしまえば、大きな関門をひとつ突破できたことを意味すると言っても過言ではないでしょう。
 そして、次の関門はといえば、当然セカンドメール以降のやりとりをどう継続させるかということになります。ファーストメールの返信をもらうことの意味は、「相手の女性と仲良くなれる可能性を生む」ことであり、セカンドメール以降のやりとりにおいては、「相手の女性と仲良くなるように仕向ける」という段階に差し掛かっていることをイメージすることが重要です。
 仲良くなるためには、とにかく共有できる話題を女性に提供することができるかどうかです。というのも、相手のひととなりを知らずにやりとりをスタートすることになる出会い系サイトでは、とにかく相手に安心感を与えることが重要になります。そしてその安心感が、やがて信頼感に変わるようになるのです。
 その安心感を相手に与えるためには、共有できるテーマについて饒舌になってもらうのが一番であると考えられます。ですから、何か共有できる話題を見つけたら、意見交換の際にさりげない質問を会話の中にちりばめることができればベターです。さらに言えば、共有のテーマに対して共通の認識を共有できれば、「話が合う」という状態になり、ふたりの距離は一気に縮まる可能性も考えられます。
 質問をすることで、相手の女性を退屈させないという効果もありますが、しかし一方的に質問責めにすることは避けなければなりません。