水道水とは違うウォーターサーバーの水

放射能汚染水について関心が高まる昨今ですが、水に対する安全性を求める傾向も強くなっています。
自宅の水道の蛇口から出る水も十分に安全基準を満たしている水が出てくるのですが、自宅の状況や、マンション等で一度タンクに水をためる構造になっている場合には、若干水質が変化する可能性も考えられます。
外で飲用する水に対しては放射能汚染の疑いがすっきりせず、自宅の蛇口から出る水についても、100パーセントの安心はしにくいという状況の中、ウォーターサーバーの水を選択する人が増えているそうです。
ウォーターサーバーに使われている水は、ミネラルウォーターやRO膜水といわれているもので、食品衛生法で規定されている清涼飲料水というジャンルに属します。
ウォーターサーバーの水を製造する際には、製造工場で厳しい品質管理をされた上で一定量にボトリングされるため、環境の変化に左右されにくく、新鮮なうちに宅配されるよう配慮されているそうです。
そのため、安全性を求める場合にはウォーターサーバーの水について一度考えてみると良いでしょう。
水道水は塩素臭が気になると言う人や、塩素を含め消毒に必要な化学物質が気になると言う場合にもウォーターサーバーの水をおすすめします。

こちらの記事も読まれてみます